小3娘、突然の不登校奮闘記録

突然娘が不登校に、解決策はないけれども二人でいれる時間を大切にしてみることにしてみました

不登校だから幸せになりたい

不登校の小3の娘。

小6の兄は普通に学校行ってます。

 

息子も娘同じく内弁慶です。

娘と違うことは、私がずっと仕事をしていたため放課後教室に1年生から行っていて、小3になるころには一人で鍵を開けて家に入ることはできていました。

内弁慶でも小さい頃から悪いことは許せない正義の味方タイプで、友達が悪いことをすうると注意のする子でした。逆に真面目すぎることが少し不安もあり友達にいじめられたりしないかなあなんて思っていました。

体が細く、身長も一番低いですがクラスの1番大きい子がいじわるしたら向かっていく男らしい態度に私も驚いていました。先生も何をしても息子はぶれない子だと信頼して頂くことが多く頼もしく思っています。

娘も真面目ですが、やはり無理をしていたことで学校生活が疲れてしまったのかもしれません。

引っ込み思案なところも小さいころの私にそっくり。

私も小2のころ学校に行き渋りでしたが小3に担任が変わったことで毎日登校していたようです。

記憶がないので、どうして学校に行きたくなかったのか覚えていないので娘の気持ちに寄り添うことができないのが申し訳なく思います。

今思うと原因なんてなんでもよかったのかもしれません。私の母は朝から夜遅くまで仕事をしていたので淋しかったのでしょう。

そのことが今でも私の心に存在していることも原因の一つだと今なら思います。

 

子供のころのほんの数年や数か月の不登校は一生のうちのほんの一部です。

私にとって小学生の頃なんてつまらない日々でしたが今は何も困りません。

 

もちろん、そんな格好いいことを言っていても娘のことを考えると不安になるのです。

そんなものかもしれません。

そんな立派な親でなくてもいいんです。

つまづくから面白い人生なんだ。

そのあと起き上がればいい。

失敗してもいい。

挫折したほうがいい。

忘れ物したっていい。

自分を許して身軽に生きていきたい。

子供の気持ちが晴れるまで一緒にいよう。

私はもう一度子育てをし直すことにします。