小4の娘の不登校奮闘記録~小3から突然の不登校~

突然、不登校になり1年がたちました。毎日笑って暮らすことがモットー。楽しければなんでもいいと思えます。

不登校は突然に

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校を2度の不登校を繰り返して、現在夏休み明けはなんとか登校していました。

が、今週の月曜日は欠席しました(笑)

 

前日の兆候は特別なかったように思いますが私が気づかなかっただけでしょう。

月曜日のルーティンを忘れていた私はいつものように登校すると思っていました。

 

でも、朝に娘は「学校に行きたくない」とハッキリと言いました。

うんうん、行きたくないかーと私。

ここまでは休まないだろうなあと思っていましたが今回は本気でした。

 

娘は「先生が迎えに来るかもしれないしー( ノД`)シクシク…

  ママ、先生に迎えに来ないでって言って」

私は学校に行けとは言えませんし、休んでいいと思っていたので特に反対することもなく学校へ電話しました。

 

先生:昨日何かありました?

   

私:今回は特に何もなくて~月曜日なんでね~

 

先生:学校に来ちゃえば楽しそうなんですけどね~

 

私:それで明日は行くと言ってるんで今日は休ませてください。

 

先生:わかりました。明日待ってます。

 

細かい会話は省きましたがこんなやり取りをして電話をきりました。

ちょっとウソをついて娘は明日行くとは言ってなかったのですが(笑)

今の担任はとっても明るいベテランの女性教師です。

ハイテンションで盛り上げようとしているのも理解できます。

今にも迎えに来そうな雰囲気だったので、とっさに明日は行くので勘弁してほしいとの想いでウソをついたのでした。

 

それでも、ホッとした娘と二人で「あさイチ」の不登校特集を見ながら1年前の不登校の始まりの思い出話をしたりしてだらだらと一日をすごしたわけです。

 

夏休みが終わるこの数週間はNHKでも不登校や自殺などの特集がたくさん放送されていて出来る限りは録画して見てはいましたがこれだけ不登校が増えてきても周りの偏見はなくならないですよね。

事実、ベテランの担任の先生でさえ「学校は来るもの」「来てしまえば楽しく過ごしている」

「頑張ろう!」「大丈夫!」などその場限りの言葉で解決しようとしてるのを見ると。日本の不登校問題は家庭だけではなく学校に関わる人たちの勉強不足としか言えないのではないかな。

前から切実に思うのは不登校は経験した人にしか理解できないのではないかということ。

もしくはその親ですね。

いまだに学校に行かないと将来はないと本気で思っている人たちが想像以上に多い現実。いくらテレビに放送されても他人事。

これは私もそうでしたから「大変だな~」って。

自分の子供がこの不登校になるなんて1ミリも考えてもいなかったし、学校に行かないと就職できない、勉強についていけないって心の底から信じていたから実際に娘が不登校になったときは地獄に落ちた感じでした。

頭の中は恥ずかしい、高校に行けない、就職できない、社会性ができない、変り者に見られる、親の子育てが間違ったいると思われるなどなど。

全部、子供ことじゃなく自分が周りから変なひと扱いにされるっていう。

自己中心的な最悪な親の見栄でしかありませんでした。

 

自分の子供が1番辛いのに自分のことしか考えていない私。

この考えが覆されるのに1年かかりました。

 

でも大丈夫です。

誰でも最初は通る道ですから(笑)

まだまだ道は長く険しいですがなんとかなります。

だから、あんまり深く考えずにいきましょう。

これも人生の勉強です。

経験は1つでも多いほうが幸せになれるから(笑)

 

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

happyfutoukou.hatenablog.com