小4の娘の不登校奮闘記録~小3から突然の不登校~

突然、不登校になり1年がたちました。毎日笑って暮らすことがモットー。楽しければなんでもいいと思えます。

先生のお迎え終了で思うこと

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校となり、2学期は母子登校、3学期は2度目の不登校を経験。4月から連続登校中でしたがここへきて休みがちになりました。2日連続休んだ次の日から担任の先生が3日間お迎えに来てくださいました。

今朝から一人で登校でした。

結果的にはとりあえず登校はしましたが、朝の定番行動が始まり、私もまた怒りモードに。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 最近、思うことがあります。

不登校って怖くないって自分に言い聞かせていたのですが、3度目の不登校になりつつある今回の行き渋りで、やっぱり怖いっていう気持ちがあることに気づかされました。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 でもね、確かに最初の不登校に比べたら全然余裕なんですが、2度目の不登校のときは本当に怖くなくて~もう、どっちでも大丈夫だって思ってました。

 

2度あることは3度あるって本当なんですよね。

たぶん、3度目ってことは本当に行きたくないのかもと思ってきたこと。

3年生のときの担任の40代後半の男性の先生は2学期途中で心の病で休職。

代わりの先生は30代前半の講師の男性の先生でした。

休職した先生は娘が母子登校している途中から突然休職したわけで、不登校中は何度か家にも来ていただき、また、先生と娘と私の3人で週1、1時間の図工の授業もして頂いたりして私自身とても感謝していました。

その先生は私と娘に「学校に来て」などの発言もなく、ゆっくりでいいですよ、無理しないでと適度な距離感があったので助かっていたのが事実です。

上手く、言えないですが学校に行かなければいけないという強迫めいた感覚っていうのがなくて朝の学校への電話もしなくてもいいと許可も得ることができました。

それには1つ理由があり、当時6年生の息子の野球部顧問が娘の担任だったこともあり、部活のお迎えや土日の練習で毎日のように私も娘も先生と顔を合わせていたことです。あまり話かけてこない先生でしたが遠くから娘の姿は確認できていたので問題はなかったのだと思います。そのことで、もしかしたら教頭先生や校長先生に問われていたことが原因で休職なさったのかもしれません。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 その後の代わりの講師の先生も一所懸命娘と向き合って頂きましたが、3学期は不登校をしてしまったのでご迷惑をおかけしたことは間違いありません。

 

4月から40代後半の女性の先生です。

やはり、踏み込み方は以前の先生方とは違って娘への声かけ、今回のお迎えに関しても行動的な先生と感じました。

3日間のお迎え中は安心もあり私の心は安定していましたが、それも終わって今朝から「行きたくない」の軽いパニック状態で涙の登校をしました。

 

最近、このことで先生と話す機会も増え、先生の考えと私の考えの相違があるので。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 少し私の心が動揺しています。

 

学校に行く→私の心は安定

学校に行かない→私の心は不安定

 

これは根底にあるので、学校に行かなくてもいいよと言うのは上辺だけ。本当は行って欲しいのにウソを言って乗り越えようとしているだけ。

私の心がブレブレだから娘にも伝わるんだろうな。

あーわかっているのに出来ない出来ない。

 

先生は泣いても連れてきてって言うけど...