小4の娘の不登校奮闘記録~小3から突然の不登校~

連続登校中の現在ですが、日直の日には行きたくないと言っている今日この頃。

ディズニーリゾート家族旅行②

2017年5月のゴールデンウィーク明けから不登校の小3の娘。

初めての東京ディズニーリゾートへ2018年1月の冬休み中に家族旅行。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

新幹線ホームで朝早くから待っているのも寒くても楽しく待ちわびていました。

電車初体験の娘の反応が楽しみで、何度も様子を伺っては微笑み合うの連続でした。

 

やっと列車に乗り込み席に着き、お菓子を食べたりしました。

息子と旦那は私と娘の後ろの席でそれぞれ仮眠をとっていましたが私たち二人は結局眠ることができずに到着しました。

初めての東京駅で家族4人で京葉線のホームを目指しました。

今はユーチューブで京葉線までの行き方を動画で見れるので自宅で何度も視聴して頭に入れて大きな問題もなく到着し何とか舞浜駅まで行くことができました。

 

娘も息子も都会の人並みに少し驚き、緊張していたのか舞浜駅に到着したころにには疲れがピークに達して機嫌が悪くウキウキした様子がありません。

どうしたの?と聞いても「別に」の連続。

 

午前10時前には2泊する予定のドリームゲート舞浜に到着して、チェックインまでコインロッカーを借りて荷物を預けました。

いざディズニーランドへ出発!と私だけテンションが高く、子供たちは無表情。

なんで、初めての東京だよ。嬉しくないの?のやりとりが続きました。

 

とりあえずゲートまで到着。チケットの読み込み方もファストパスの取り方も動画でシュミレーションしてきましたから私にとって15年ぶりのディズニーランドもスムーズに入場です。

でも子供たちは不機嫌なんです。

まず、ビッグサンダーマウンテンのファストパスを取りました。

その間の時間は、

とりあえずウエスタンランドでターキーレッグやジュースなどで早めの昼食をとりました。

 

その後から子供たちに元気が出てきました~やっとだ~

お腹空いてたんか!

 

1月は比較的空いているとのことですが、人混みが慣れていない田舎者にとってディズニーランドの人、人、人の多さには驚きしかありません。

地元じゃイオンやヨーカードーぐらいしか混雑は見られませんから、貴重な体験だったと思います。

しかも、雪国から東京にくると1月でも寒さが感じられず暑さが気になり、冬用のシューズもムレムレでしたよ~

それでも天気はまあまあ良好でしたね。

 

アトラクション第1号は蒸気船マークトウェイン号

とにかく待ち時間20分以内のものはどんどん乗ることにしていました。

次はカントリーベアシアター。

大きなクマさんたちが音楽や踊りで楽しませてくれます。

最後の方は少し眠くなりましたが椅子にゆっくり座って休憩にもおすすめですね。

次はファストパスのビッグサンダーマウンテンです。

怖がりの私でも昔は何度も乗ったアトラクションの1つです。

しかし、しかし、40代の私には久しぶりでこんなに怖かったっけ?

隣の娘は恐怖のあまり下を向き目を閉じていたので、それを見た私も一緒に途中から目を閉じて終わりました。

それから娘は怖いアトラクションは無理になり、怖くないものをメインにすることにしました。

その前にプーさんのハニーハントファストパスは夜の9時30分でしたが、もし疲れていたら諦めることにして取得だけしておきました。

 

午後3時からのチェックインに合わせ休憩がてらホテルへ。

普段、車移動の私たちにとって歩くことは大変疲れるので途中隣接するコンビニで弁当やおにぎりを購入して夕方まで体を休めました。

娘もアトラクションに乗る前に突然腹痛を訴えるので少し気分が不安定になっているようでした。

私は仮眠をとり、息子はゲームをし、旦那と娘はテレビを見るなどして過ごしました。

 

今日はここまで。