小3娘、突然の不登校奮闘記録

突然娘が不登校に、解決策はないけれども二人でいれる時間を大切にしてみることにしてみました

宿題よりも大切な物

2017年の5月のゴールデンウィーク明けから不登校になり夏休み明けから母子登校中の小3の娘。

冬休みには東京ディズニーリゾートへ2泊3日の旅行が控えているので、休みに突入して即宿題に取り組んでいました。しかし、不登校中は一切勉強をしていなかったので漢字が理解ができていないこともありまして、プリント集の漢字は答えを書き写しておりました。私もあえて注意することはしませんでしたが算数は自分で計算してねと念を押したにもかかわらず全て答えを見て記入していました(笑)

しかしながら、その集中力には関心してしまいました。無我夢中とはこのようなことを言うのでしょう。答えを写すことが必ずしも間違いとは言えないと考えさせられる出来事でしたね。漢字は書くことや辞典で調べることだけが重要だと勘違いしていた自分が恥ずかしいとさえ思いました。

集中して短時間で取り組むことの方が効率的であると改めて実感したのです。

 

そして、不登校経験のある子や不登校の子、不登校になりかけお子には勉強や宿題よりも重要なことがあるのです。勉強は自分のやりたいことの為に必要であれば自ら取り組むものです。

 

冬休みに入ってすぐ担任の先生との保護者との面談があり、宿題の書き写しの件は伝えました。もちろん、反対などはなく理解して頂きホッとしました。

 

不登校に限らず、子供のストレスは重大なことに繋がるかもしれないのです。

もちろん、学校に元気に行けるならいいのですが、そうではない子供たちがいるのも事実です。それも決して少なくない人数の子供たちがストレスや悩みを抱えています。

宿題は人生において必要なものなのかは人それぞれだと思います。学校も必要な物なのかも人それぞれなのです。

私は、娘に過干渉だったのは事実です。

今ままでの私なら宿題はきちんと提出し、書き写しなどは許せませんでした。

不登校の親を経験して、子供を支配して挫折をさせないことより、失敗して自立させることの方が大事だと思いました。

子供より私が変わらないといけないわけです。