小4の娘の不登校奮闘記録~小3から突然の不登校~

突然、不登校になり1年がたちました。毎日笑って暮らすことがモットー。楽しければなんでもいいと思えます。

週休3日

5月のゴールデンウィーク明けから不登校の小3の娘。

現在、母子登校中。

2学期から再登校して10月あたりからちょくちょくお休みしたりの日々です。

最近は週1日休むことが続いているので週休3日制のような感じです。

本人は前日から休むことを決めているようですが私にすれば当日突然泣いたりして休みたいアピールをするので驚いてしまいます。

 

だいたい、疲れがたまるのもわかります。

娘は日直が特に嫌いなので前日から行きたくないと泣いていますがそれ以外でも休むので理由はハッキリわからないのです。

前にも書きましたがクラス男の子がとにかくヤンチャでうるさい。

それでも、若干は授業の態度に変化が出始め、質問するときは手をあげたり、先生の問いかけにも当てられてから答えるなど本当に僅かですが改善されたように見えます。

 

確かに「気のせい」かもしれませんが、本当にちょっとだけ良くなっていると感じます。

 

それでも、また1つ問題点が見えてきました。

男の子たちは女の子にも暴言や暴力が酷く、けんか腰で接しているのを毎日見ています。

他人の間違いをすぐ指摘して言葉で攻撃開始してくるのです。

こんな男の子たちに言い返す女の子はいないので(6人が女子)益々酷くなっているのではないかと心配しています。

 

私も毎日見ていますが、全てに注意することはあえてしていません。

もちろん、ケガなど起こりそうな時はある程度のところで声がけはしますが。

ただ、じーっと見ています。私は見ていてどうするか考えて欲しいから。

先生であれば喧嘩の前に止めるでしょう、しかし私は先生ではありませんから学校の中のところまで介入するわけにはいきません。

まだまだこんな感じですが。

娘の不登校とクラスの男の子たちの様子をまた次回。