小3娘、突然の不登校奮闘記録

突然娘が不登校に、解決策はないけれども二人でいれる時間を大切にしてみることにしてみました

娘のクラスは学級崩壊

小3の娘は5月のゴールデンウィーク明けから不登校

2学期の今は何とか母子登校中ですが最近ちらほらお休みがあります。

夏休み明けから私は教室の廊下で見学し給食前に帰宅、娘の帰宅時間には学校にお迎えを毎日続けて3ケ月がたちました。

 

娘の小学校は各学年1クラスしかない小さい学校です。

ですから6年間クラス替えはありえません。

そのクラスは学級崩壊真っ最中です。

1年のときから問題児の多い子供たちが集まっているので先生方は苦労されていましたが、男の子がうるさいので女の子の親としてあまり関心もなく3年生になっていました。

もちろん、1年生のころから悪評や娘からの話でうるさい子たちがいて大変なのは知っていましたが、実際母子登校するようになり驚いたのが事実です。

 

まさか、ここまで!

授業中は鉛筆削りのために教室の前後にある削り器へ無断で向かったり、ランドセル置き場やごみ箱へ無断で立ち歩くのです。もちろん、先生の話は聞きません。手遊び、会話、口けんか、なんでもありのクラス。

10月からは担任の先生が代わり(前担任は心の病により休職)少し慣れてきたのもあり新担任も最近は頭を悩ませている様子が伝わります。そのため、ちょくちょく爆発(温厚な先生だと評判)。

 

よくここまで我慢しました。

ですが、手遊びも多いのでお道具箱のハサミやのり、三角定規、コンパス、クーピーなど全て没収され、使うたびに渡すことにしたようです。

校長先生いわく、正しいやり方がわからないのだから何でも試してみようと担任と話したそうです。

私も賛成でした。

この子たち一人一人に合う方法が見つかればいいのですが10人ほどいる男の子たちに気づいてもらうことが大切なのではないのでしょうか。

 

問題の子たちの親には学校からは言えないそうなので、それであれば気づいている親の子供たちに言い聞かせて地道に直していくしかないのでは・・・・

問題のある子どもたちの親は参観日などに来ても懇談会にはくることはないのです。

話すこともできないので、本当に知り合いの親御さんと協力するしかないと。

 

また、報告します。

たぶん、そんなに変わらないとは思いますが。