小3娘、突然の不登校奮闘記録

突然娘が不登校に、解決策はないけれども二人でいれる時間を大切にしてみることにしてみました

 母子登校中

小3の娘、5月のゴールデンウィーク明けから不登校でした。

2学期初めから母子登校中です。

 

ただし、先日1日だけお休みしましたよ。

ずっと、登校してきた娘にご褒美です。

 

理由は突然やってきました!

前日に教科書の準備をしていなかったので朝に用意を始めたのです。

なんてことはない、理科のノートがないと泣き出しました。

もちろん、学校にあるかもよとか、先生が持ってるかもよとかヒントを言いましたが

もう休むモードです。

何を言っても聞かないわけです。

案の定、学校に電話したら先生が集めていたのですが、とりあえずその日は休むことを先生も納得して頂きました。理科のノートがないことが理由ではないからです。

そう、きっかけにすぎないのです。

 

私も先生も2学期頑張って登校していたので休ませましょうと一致したのです。

 

本当の理由は娘のクラスの友達が休みがちになったことなのです。

友達も不登校になりかけています。

もともと、1、2年生のころから頭痛や腹痛で休むことが多く、原因はストレス性のもの。

その子のお母さんには娘が不登校になりお互いの相談にのっていたので、一緒に助け合いたい気持ちです。

 

お友達が不登校の原因はクラスの騒がしさです。

母子登校中の私から見ても学級崩壊であることは間違いありません。

事実、先々週から担任の先生も心の病で3ケ月の休職となってしまったのです。

このことはまた次回にでも。

 

話は戻り、娘が休んだ日にお友達もお休みしていることもあり校長先生から校長室に来ないか、お話しようとお電話をいただいた友達が私の娘を誘い行くことになりました。

 

授業中に校内に入り、校長室へ。私と友達のお母さんは図書室待機で約一時間ほど。

なにを話したかは定かではありませんが日頃のストレスを小出ししてきたようです。

 

あれから2週間、状況は少し良くなっています。

お友達が1日数時間だけ学校にきて廊下で授業を見学したり、給食を食べたり。

その日の気もちで行動している最中です。

うちの娘は3ケ月かかったことを彼女は数週間で学校にき始めているのです。

まだまだ時間はかかりますが、ゆっくりいきましょうね。

 

また。