小3娘、突然の不登校奮闘記録

突然娘が不登校に、解決策はないけれども二人でいれる時間を大切にしてみることにしてみました

突然ですが母子登校中

小3の娘、5月のゴールデンウィーク明けから不登校

先週から2学期が始まり、夏休みの宿題を終えた娘は始業式2日前からの学習会から出席している最中です。

その代わり、母である私と一緒に登校し、娘は教室の机で私はクラスメイトから見えない影で椅子に座って過ごしている毎日です。

 

娘の小学校は低学年が始業式前の2日、高学年が3日とどちらも午前中のプリントなどの学習をするのが恒例となっております。もちろん、強制ではありませんので来なくても問題ありません。

しかし、不登校の児童のいる家庭にはこの始業式前の登校はチャンスの1つと考えるのではないでしょうか。

スクールカウンセリングの先生からはこの学習会がまず目標、そして始業式、そして休み明けの月曜日が大切だと言われていたので、私の心は緊張でいっぱいでした。

でも、そんな顔は見せられません。

行っても行かなくても、どっちでも構わないような素振りを意識していました。

学習会は案外スムーズに行けましたね。

 

もちろん、すんなりにはいきません。

 

すったもんだがありましたが、行けなくてもしょうがないと腹をくくっていたので特に大変とは感じませんでした。

 

また、担任の先生が娘を考慮したのかわかりませんが、2時間のうち1時間をプラバン製作とスライム製作にして頂いたおかげで楽しかったと言っていたのです。

 

それでも、翌日の始業式はすんなりいかず、「行きたくない」と泣き、暴れ、そして眠り。先生からの電話で目が覚め、何としても連れてきてくださいと言われたのです。

 

そんなとき、カウンセリングの先生に言われた言葉を自分に言い聞かせ冷静に娘の行動を待っていたら、準備をして結局3時間目から登校したのです。

 

「行きたくない」の言葉は「行きたい」ことの表れだとゆうこと。

 

これを信じ、黙って見守ったことが良かったのだと納得しました。

 

次回に続く。