小3娘、突然の不登校奮闘記録

突然娘が不登校に、解決策はないけれども二人でいれる時間を大切にしてみることにしてみました

ハムスターが助けてくれるかも

そんな不登校のある日、周りからのススメもあり飼育が簡単なハムスターを飼うことにしました。

私は動物全般苦手なので一生動物は飼わないと思っていました。

しかし、事態は変化します。

娘のためだけにハムスターを飼う決意をして購入しました。

 

ジャンガリアンのメスで全身ホワイトのハムスターを彼女は選びました。

動物は好きなので前々から犬か猫が欲しいと言っていましたが、苦手な私は頑として拒否していたのです。

そんな私の気持ちを動かした娘の不登校

このまま黙ってみているわけにはいかない、そんな気持ちから何か変化を求めてハムスターを飼うことにしたのです。

 

最初のうちは、ゲージの掃除やえさやり、水入れをしていましたが、そのうち掃除はしなくなりました。えさと水だけは入れ替えしてますね。

 

ハムスターが家にやってきて1ケ月、大きな変化はありませんが、娘が思った以上に愛情をもって世話していることに驚きです。

 

娘は親になったのでしょう。

話しかけている様子はお母さんそのものです。

 

また次回。