小4の娘の不登校奮闘記録~小3から突然の不登校~

突然、不登校になり1年がたちました。毎日笑って暮らすことがモットー。楽しければなんでもいいと思えます。

不登校~泣き声がイライラさせる~

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校、2学期には母子登校、3学期には2度目の不登校、4月からは一人で連続登校中でしたが最近は不安定な状態です。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 今朝も5時半から泣く娘に私の心の中はイライラでした。自分ではだいぶ抑えてたつもりでしたが我慢が足りなく爆発してしまいました。

甘ったれているんだと!叫びビンタをしてしまいました。

自己嫌悪で押しつぶられそうな気持でした。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

学校に行きたくない理由は以前から何度もある日直です。

これを超えられない娘に私は精神論をぶつけてしまったのです。

いつまでたっても日直に振り回されているのを見て余計なことを言ってしまう。

 

それでも、私に怒られた娘はケロッとして学校に行ったのです。

私は何をしているのか~

ただ、娘は自分の気持ちを吐き出したかっただけなんでしょう。行くつもりではいたけれど私にだだをこねて甘えたかったのだと思いました。

 

こんなこと、今まで幾度もありました。

そのたびに優しく抱きしめていて何があっても娘の気持ちを優先してきたのに最近の私は情緒不安定気味でした。

気楽に考えようかなって思っていたのに。

何を迷っているのか本当に自分で自分がわかりません。

 

自分の感情のコントロールについて勉強してみようかな。

今朝の出来事を中一の息子が見ていたので、学校に行く前に謝りました。

息子に悪いことをしたなと。朝から私の怒りが爆発し娘への暴言を見せてしまい。毒親ってこのことですよね。

娘のことばかりに気を取られ、息子のことを考えていなかったことも大反省。

早く立ち直らなければ。

 

不登校~気楽に考えようかな①

小4の娘は小3から2度の不登校を経験し、4月からは一人で連続登校中でした。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 先生のお迎えが終わり、その翌日はなんとか一人で登校しましたが、またその翌日は「行きたくない」の訴えでした。

夜、寝るときから機嫌が悪く、私に当たり散らしてずっと泣いていました。

私もここ数日、胃が病んで体調が悪いこともあり、娘の怒りに乗って口喧嘩をしてしまったので益々泣き続けたあげく朝には目の腫れがイヤだと学校に行くことを拒否していたのです。

行く準備はしていたし、なんとか行けるかと思いましたがダメでした~

 

すぐさま学校に電話をして、担任の先生に伝えました。

その時は、「来れたら来てくださいね」と言われただけでしたがその数分後、先生が再びお迎えにきてくださいました。

玄関に出た娘は先生の顔を見るとまた泣き始めてしまいましたが、あっという間に娘を車に乗せて学校へ連れて行ってくれました。

 

助かりました。

でも不安はあるんです。

今は先生のおかげで一時的に学校に行けてるけれども先のことを考えると...

将来のことを考えても意味無いんですよね、わかってはいますが考えてしまう自分がいます。

あまり娘のことで心配しないように努力しようと思います。

決意というと格好よすぎですが、私はあまりにも過保護な部分もありますから(笑)

 

少し娘の不登校を深く考えすぎてたかな、って。

娘の不登校は1年とちょっとですが、まだまだ時間はかかるし、先のことはわからないので少しほっといた方がいいかも。

自分の体調を崩すと家の事や家族関係にもよくないですから、もっと気楽に考えようかなと。

そんなことを考えている今日この頃です。

 

先生のお迎え終了で思うこと

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校となり、2学期は母子登校、3学期は2度目の不登校を経験。4月から連続登校中でしたがここへきて休みがちになりました。2日連続休んだ次の日から担任の先生が3日間お迎えに来てくださいました。

今朝から一人で登校でした。

結果的にはとりあえず登校はしましたが、朝の定番行動が始まり、私もまた怒りモードに。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 最近、思うことがあります。

不登校って怖くないって自分に言い聞かせていたのですが、3度目の不登校になりつつある今回の行き渋りで、やっぱり怖いっていう気持ちがあることに気づかされました。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 でもね、確かに最初の不登校に比べたら全然余裕なんですが、2度目の不登校のときは本当に怖くなくて~もう、どっちでも大丈夫だって思ってました。

 

2度あることは3度あるって本当なんですよね。

たぶん、3度目ってことは本当に行きたくないのかもと思ってきたこと。

3年生のときの担任の40代後半の男性の先生は2学期途中で心の病で休職。

代わりの先生は30代前半の講師の男性の先生でした。

休職した先生は娘が母子登校している途中から突然休職したわけで、不登校中は何度か家にも来ていただき、また、先生と娘と私の3人で週1、1時間の図工の授業もして頂いたりして私自身とても感謝していました。

その先生は私と娘に「学校に来て」などの発言もなく、ゆっくりでいいですよ、無理しないでと適度な距離感があったので助かっていたのが事実です。

上手く、言えないですが学校に行かなければいけないという強迫めいた感覚っていうのがなくて朝の学校への電話もしなくてもいいと許可も得ることができました。

それには1つ理由があり、当時6年生の息子の野球部顧問が娘の担任だったこともあり、部活のお迎えや土日の練習で毎日のように私も娘も先生と顔を合わせていたことです。あまり話かけてこない先生でしたが遠くから娘の姿は確認できていたので問題はなかったのだと思います。そのことで、もしかしたら教頭先生や校長先生に問われていたことが原因で休職なさったのかもしれません。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 その後の代わりの講師の先生も一所懸命娘と向き合って頂きましたが、3学期は不登校をしてしまったのでご迷惑をおかけしたことは間違いありません。

 

4月から40代後半の女性の先生です。

やはり、踏み込み方は以前の先生方とは違って娘への声かけ、今回のお迎えに関しても行動的な先生と感じました。

3日間のお迎え中は安心もあり私の心は安定していましたが、それも終わって今朝から「行きたくない」の軽いパニック状態で涙の登校をしました。

 

最近、このことで先生と話す機会も増え、先生の考えと私の考えの相違があるので。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 少し私の心が動揺しています。

 

学校に行く→私の心は安定

学校に行かない→私の心は不安定

 

これは根底にあるので、学校に行かなくてもいいよと言うのは上辺だけ。本当は行って欲しいのにウソを言って乗り越えようとしているだけ。

私の心がブレブレだから娘にも伝わるんだろうな。

あーわかっているのに出来ない出来ない。

 

先生は泣いても連れてきてって言うけど...

 

2日連続お休みしました。

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校。2学期には母子登校、3学期には2度目の不登校を経験。

4月から一人で連続登校中でしたが6月になり週1の頻度で休んだりしていました。

が、今週火曜日に休み、とうとう次の日の水曜日もお休みしました(予想通り)

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 先日も書きましたが2日連続はヤバイパターンです。

しかし、水曜日の昨日の夕方に担任の先生が自宅へ訪ねてきてくれました(しかしながら不在でした)先生はお手紙やら書類とともに一言、娘へメッセージを書いてくれていまして、それを読んだ娘は「明日、行くー」と少し喜んでたので私も嬉しく思いました。

それでも、寝る前には不安そうにしていました。やっぱり行きたくないとも言っていたのでどうなるか様子見していました。

朝は普通に起きてきましたが、元気はありません。

それでも行く気はあるようで早めに準備はしていたのですが、ソファに座って「やっぱり行きたくないなあ」と。

それでも私としては普段は決して言わないことですが「行ってみよう」と声かけはしました。

そんなこんなでピンポーンと...なんと担任の先生の姿が。

迎えに来てくれたのです。

救世主です。

 

今日行かないと3度目の不登校に戻るだろうと思っていましたから。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 結果として問題なく学校で1日をすごしたそうですが、本人は楽しくなかったと。

先生から楽しそうに遊んでたよと聞いたけれども...

先生から明日と来週の月曜日にも迎えにきますと言われました。

とりあえず、先生のお迎えは嬉しかったようでした。

でも、私が先生に言われてショックだったのは泣いても暴れても学校に連れてきてくださいの一言です。

 

正直、私にはそのやり方は出来ないので、それは難しいというようなことを伝えました。先生の考えとしてはそうなるだろうなと理解はできますが、私は1度目の不登校のときに心を鬼にして学校へ連れて行こうとしました。その時、私にワンワンと泣きながら、学校に行きたくないことを言い続ける娘を見た時、そこまでして連れて行くことは出来ないし、しないと決心したからです。

あんなに泣きながら震えながら行きたくないと訴える子供を守るのは私しかいないと思ったから。

甘いとか思われていいです。

私が守らないで誰が守るのか。

 

それでも、先生の考えももちろん尊重はするつもりです。

これからも上辺だけで納得したつもりで話はします。

私の考えが問題なのではなく、学校と家庭と連携して子供を助けたいので、あえて先生との意見の相違は避けたいのです。

世の中には意見の合う人ばかりではないですし、子供の担任がみんないい先生とはかぎりません。それにいい先生の定義もいらないし、私にはわかりません。

それでも、子供のために先生が一所懸命に行動を起こしてくれていることに感謝しています。そんな、先生の気持ちが娘に届くことを祈りたい、これが私の気持ちです。

 

去年は先生が二人も変わりました。

どちらも男性でした。今年度は女性の先生です。

たしかに男性とはちがい、どんどん踏み込んできてくれます。

正直、娘のことを気にしてくれているのが伝わるので嬉しいです。

 

いろんな先生と触れ合うことができること、なかなかないですよ~。

先生と普段からコミュニケーションをとっておくと話しやすいので、小さなことでも連絡する勇気がでます。

不登校の親御さんはもちろん、そうでない親御さんもなるべく参観日などの懇談会は顔をだして知ってもらうことがおすすめですよ。

先生に頼ると本当によくしてくれます。批判などせず、できるだけ協力していくといいかもしれません。

不登校から1年2ケ月

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校を経験し、2学期には母子登校、3学期には2度目の不登校、4年生になり一人で連続登校、そして6月中頃からチョコチョコ欠席をしています。

いつも決まって月曜日に休みますが珍しく火曜日の今日休みました。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 3度目の不登校になりかけています。

現に明日も行きたくないと言い始めています。

 

来た、来た、来たぞ!

今日休んだ理由が「日直」だからです(笑)

この理由、もう2,3度経験済み。

 

娘は家では口調も行動も乱暴ですが学校ではいい子ちゃんなんです。

なので、この日直が娘にとって恥ずかしさや緊張で逃げたいらしい。

 

もちろん、本人も今日逃げても明日になれば日直だし、もう周りのみんなにも気づかれているのも承知の上です。私からみても先生からみても、誰から見ても、そんな理由で休むとかって???ですよね。

ただ逃げているだけだから、いつまでたっても日直を乗り越えられないのです。

だから、娘もさっき「やっぱり今日行けば良かった」と後悔しているのです。

たぶん明日も行けないです、今までの娘なら。

明日、どうするのか私もわかりません。行けたら何か変わるのか変わらないのか...

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

不登校の親の意見として、自分から学校に行こうとしないと意味がないと考える親御さんが多いと何かで読んだ覚えがあります。

実際、そうなんですよね。親が行けと言っても行くわけでもなく、励ましても褒めても簡単には学校には行きません。

不登校の親であれば誰もが最終的に子供の気持ちに任せること、見守ることが答えになってくるのです。

あの手この手で色んな行動をやり尽くして出た答えは結局本人が動くのを待つことなんですよね。

無力です。

親は。

 

でも、決して諦めたとか、どうでもいいなんて思っている親はいません。

子どもの意見を尊重しているだけなんです。

これも自立のための経験をさせているんです。

こればっかりは...ですよね!

 

不登校を克服するなんて考えているのも最初だけ。

時間がたって不登校について理解しようとするとどんどん不登校でもいいと思ってくる。これってイケないことでしょうか?

学校に行かないとコミュニケーション能力がなくなるとか社会性がとか、もう聞き飽きました。

不登校を持つ親にしかわからない、じゃあどうしたら克服できるのか教えて!て気持ち。

誰も正解を知りません。カウンセラーの先生も、学校の先生も教育委員会の人も。

99.9%不登校を克服できる方法があれば、不登校がこんなにも増える世の中にはなっていませんよね。これが今の現状です。

 

だから娘の不登校はこれからも続くのだと思います。

 

 

不登校の前兆は突然やってくる

小4の娘は一年前のゴールデンウィーク明けから不登校を経験しました。

2学期から母子登校をし3学期は再び不登校に。

そして新学年の4月から一人で連続登校中です。

しかし、前兆は突然やってきました。

 

happyfutoukou.hatenablog.c

ちょこちょこ学校での不満を私に話してくれていたので安心していたのですがの先週木曜日に帰宅後近所をマラソンしてくると言い出し走ってくると、その日あったことを話始めたのです。

 

娘の小学校では定期的に相談カードを書く習慣はあり、いじめや不登校対策に使用されているものです。

その中で「学校に行きたくないことがある」の回答欄の「時々ある」に〇をつけたので先生から理由を聞かれ「疲れたから」と答え、先生は励ましてくれたそうです。

娘は本当の気持ちを先生に伝え話せたことが嬉しかったようで、私にとてもスッキリしたと話してくれました。

 

私はそこまで深く考えずに「良かったね」などといつものように対応していたのですが、これが前兆でした。

その晩、泣きだした娘は理由も言わず11時まで泣き続け疲れ果て眠りについたのですが、いつもより機嫌の悪い朝となりました。

悪夢のような1年前を思い起こし、「もしや、これってヤバイやつだ...」私の心の中は焦りもありましたが、これはもうなるようにしかならないので少し冷たいようですが何も言わずに様子をみることに。

朝はソファに横になるのが日課の娘は自分で保冷剤を持ち、貼れた瞼を冷やし始めたのです。不安そうな表情で「行きなくない」と小声で発していましたが朝は旦那の弁当や子供たちの朝食にと忙しさもありほっといていたのですが、また泣き出したので抱きしめたら娘は少しずつ話はじめました。

「今日、学校に行くから来週の火曜日に休んでもいい?」と。

私は迷わず「いいよ(笑)」と答えました。

すると少し安心したのか準備をし始めたのです。

 

なぜ火曜日かというと日曜日は運動会で月曜日は振替休日だからです。

 

休み明けって大人でも行きたくないですよね。

子どもも同じですもの。

でも、私の気持ちとしては複雑で不安でした。

今日、学校へ行ったとしても娘の心の中は晴れないかもしれない、無茶させたかもしれない。私の頭の中はそんな不安がずっと残ったままでした。

 

登校後、担任の先生へ電話を入れて昨晩からの娘の様子を伝え、励まして欲しいとお願いしたのです。

そのあとも学校からの電話がくるかもしれないと不安は残ったままです。

私は放課後、学校で仕事をしいる関係で先生に娘の様子を聞くことができたので、その日のことを教えてもらいました。

やはり午前中は腹痛を訴えて保健室で横になっていたようです。

それでも給食も残したものの食べて午後は授業も受けたようでした。

先生も声かけや会話などして頂いたようで、帰宅後の娘は朝よりは元気でした.

そんな1日を終え、安心どころか改めて不登校の深さを感じました。

今日やっと終わった、また明日がくる、そして毎日の不安は続きます。

今日はここまで。

行きたくないなあ

小4の娘は1年前のゴールデンウィーク明けから不登校を経験し、1度は私と母子登校、3学期は2度目の不登校を繰り返しました。

小4になってからは一人で連続登校中。

 

昨日の月曜と火曜日の今日は珍しく「行きたくないなあ」と朝に言ってました。

結局は元気に登校しました。

原因は何も言いませんが「最近疲れる~」が口癖で、先週あたりからチラホラ口に出していました。

こういう場面って日常よくある言動ですよね。

今になって思い起こすと不登校になる前は愚痴を言っても、「頑張れ~」や「たいしたことないよ、それくらい」、「何言ってるの!」みたいに娘の言葉を否定するような発言しかしていなかったことに気づきました。

 

子どもから見るとそんな言葉は自分を否定されたようで立ち直るどころかイヤになる言動ですよね。

 

今でも正しい受け答えの正解がわかりません。

それでも以前の私の言動は良くはないですよね。

 

でも、そのことに気づくのに長~い時間は必要でした。

不登校の間、私たち家族はとても暗い闇の中で迷っていたのは事実です。

そして今、一歩前進したのも確かです。

そこに少しの余裕が出来たから何かが吹っ切れた気持ちで毎日過ごしています。

 

不登校は経験した人しかこの複雑な心は理解できないと思っています。

もちろん、専門的な勉強をしているカウンセラーや医師は別ですが、正直学校の先生にはなかなか理解してもらえないのもよくあることです。

 

娘の気持ちに寄り添うことこれからも忘れずにいたい。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

そんなことを考えている毎日です。