小4の娘の不登校奮闘記録~小3から突然の不登校~

突然、不登校になり1年がたちました。毎日笑って暮らすことがモットー。楽しければなんでもいいと思えます。

行きたくないなあ

小4の娘は1年前のゴールデンウィーク明けから不登校を経験し、1度は私と母子登校、3学期は2度目の不登校を繰り返しました。

小4になってからは一人で連続登校中。

 

昨日の月曜と火曜日の今日は珍しく「行きたくないなあ」と朝に言ってました。

結局は元気に登校しました。

原因は何も言いませんが「最近疲れる~」が口癖で、先週あたりからチラホラ口に出していました。

こういう場面って日常よくある言動ですよね。

今になって思い起こすと不登校になる前は愚痴を言っても、「頑張れ~」や「たいしたことないよ、それくらい」、「何言ってるの!」みたいに娘の言葉を否定するような発言しかしていなかったことに気づきました。

 

子どもから見るとそんな言葉は自分を否定されたようで立ち直るどころかイヤになる言動ですよね。

 

今でも正しい受け答えの正解がわかりません。

それでも以前の私の言動は良くはないですよね。

 

でも、そのことに気づくのに長~い時間は必要でした。

不登校の間、私たち家族はとても暗い闇の中で迷っていたのは事実です。

そして今、一歩前進したのも確かです。

そこに少しの余裕が出来たから何かが吹っ切れた気持ちで毎日過ごしています。

 

不登校は経験した人しかこの複雑な心は理解できないと思っています。

もちろん、専門的な勉強をしているカウンセラーや医師は別ですが、正直学校の先生にはなかなか理解してもらえないのもよくあることです。

 

娘の気持ちに寄り添うことこれからも忘れずにいたい。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

そんなことを考えている毎日です。

 

学校に行く理由~始業式から連続登校中③~

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校になり、2学期は母子登校をし3学期は2度目の不登校を経験しました。

2度あることは3度あると思い、いつどうなってもいいように心の準備だけはしているつもりです。

 

彼女は4年生になり1度も欠席していません。それも私が付いていなくても行けています。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 今朝は今年から入った手芸クラブでスライムを作るので楽しそうに登校しました。

前にも記事にしましたが彼女には学校に行く理由があります。

委員会が大きいとは思います。

それ以外は私にはわかりません。

子どもって何で学校に行ってるのでしょうか。

たぶん理由がありますよね。

学校が楽しい

部活動がある

委員会などの係の仕事がある

勉強がしたい

先生が好き

友達に会いたい

体育がある

行事がある

給食が好き

などなど子供にはそれぞれ学校に行く理由が1つでもあれば行きます。

毎日家庭でお父さんお母さんが喧嘩しているから学校を逃げ場所にしている子供もいるのではないでしょうか。

家にいるより学校のほうがマシでも。

もちろん何も考えずに学校に行く子供もいるでしょう。

それに対しどれが正しいとか間違っているとかはないと私は思います。

大人と同じで子供も色々考えているのは間違いないです。

家庭の中が息苦しくて学校に来てるだけだけど、自分の居場所として安心できるならそれはそれでいいかな。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 今、娘は毎日宿題をして、朝も起きて、ごはんも食べてと以前のような生活に戻りつつあります。

ただ、まだまだ彼女には不安があるので、毎朝私とハグを何度もして玄関を出ます。

玄関を出たあとはお迎えの時は時間に遅れないでとか、スクールバスの場合は何時のバスなのか2度3度、それ以上確認します。

不安でしょうがないのです。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 確認をして安心できるなら何度でも付き合います。

不安がなくなるまで。

 

 

 

子どもは毎日頑張っているんです

4月から4年生になった娘は3年生のゴールデンウィーク明けから不登校になりました。2学期明けから母子登校し3学期には2度目の不登校を経験しました。

4月から一人で連続登校中です。

 

そんな毎日ですが、ある日学校から帰って早々に不満爆発しました。

その時の問題は隣の男の子S君がいつも態度が悪く先生に注意されているのですが、

先生もとうとう爆発したらしく、連帯責任という理由で理科で行われる実験は今後やらないと宣言したことです。

娘はS君が毎日問題を起こし、みんなに迷惑をかけても謝ることすらせず、先生への態度も最悪だとそれから1時間はしゃべり続けました。

感情が高ぶってきた娘は涙を流しながら文句やらを言い、お風呂でもしゃべる、しゃべる。

 

私はこれを待っていたのです。

彼女の心の叫びを聞きたかったのです。

ある意味内容は問題ではなく、とにかく彼女がしゃべることでストレスを解消したり、何かを乗り越える経験があれば前へ進むことができます。

 

娘の不登校の理由は知りませんが、問題が起きたら逃げるだけではなく、乗り越えたり、流したり。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 不登校の子供たちだけが病んでいるように思われますが、そうとは言い切れないのです。学校に行かないのは自分を守るために起こす行動の1つです。毎日学校に行っているから安心だと考えるのはとても危険です。

私もこの経験があってこそ子供との会話がどれだけ必要か初めて知ったのですから、問題もなく毎日登校している子供でも心の中は誰もわかりません。

 

共働きの昨今では子供との時間をとれずに大変かと思います。

子どもの顔を見て話しを聞くこと。これだけ毎日欠かさずしてみてください。

この毎日を繰り返して子供の信頼を得ることや、少しの変化に気づくことができます。

自分のことは言わなくていいのです。子供の話を聞く体制を見せてください。

子どもは安心して、あなたに今日あった出来事や心の中を話してくれます。

そして内容に応じて自分の意見などは言わないこと。あなたの経験はここでは話す必要はありませんよ。うんうん、大変だったね、辛かったね、楽しかったね、などなど共感をすること。

これでいいかな。

 

話は戻して、

そして彼女は次の日も学校に行きました。

学校に行く理由~始業式から連続登校中②~

小4になった娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校になりました。2度の不登校を経験し1年後の始業式から連続登校中。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 4年生になって学校での役割が1つ増えました。

委員会です。

周りの小学校は5年生から委員会活動があるのですが全校生徒が少ないので4年生から委員会の仕事が増えます。

当初、図書委員が希望でしたがこれは人気のようでなかなか思い通りにはいかなく推薦という名目で放送委員に抜擢されたようです。

その理由①音読な上手

    ②今年卒業した兄が放送委員だったためアドバイスをもらえるから

 

私が思うにこれは先生方の戦略かなと。

兄の担任だった先生が推してくれたことを娘から聞きました。

放送の担当の先生は娘の1,2年の担任で、音読が上手からと。

たぶん、学校を休みがちな娘に仕事を与え忙しくさせることが目的だと推測します。

以前に兄の担任の先生と話した時学校でも役割があると忙しくて休んでいられない気持ちになると。全ての不登校にこれが効くわけでもないし、娘に効いてるかも今の時点ではわかりません。

それでもやってみないとわからないから色々検討してくださったのではは勝手に喜んでいます。

 

理由は何にせよ本人は悪い気はしなかったらしく、口では嫌だなあと言いながら顔がニコニコでした。

それが決まったのが先週で、早速本日からお昼の放送の担当となっています。

もちろん、全て行うことは無理ですので役割分担にて2.3人の生徒たちで毎日放送するようです。

昨晩からの緊張で今朝はちょっと危なかったのです。

昨日の月曜日もやっぱり危なかった(笑)

危ないとは行きたくないアピールなんですよ~

隣の男の子が意地悪するのでイヤだなあとか、疲れたなあとか。

私は聞くことしかできないので、それは嫌だねえ~と繰り返して言うくらいです。

それでも、行く気があるから準備してギリギリの時間で家を出ます。

毎日この決まった状況が必ずあります。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 それでも毎朝心はドキドキですよ。

行かなくてもいいけど、行って欲しいですもの。

矛盾してますが本心はここです。

子供が行きたくないものを無理やり行かせるなんてできません。

1年前に無理やり行かせようと試みて失敗していることが脳裏に焼き付き強く推すことができなくなっているのでしょうね。

 

先の将来は娘のもの、私は先にいなくなるわけですから見れませんからね。

好きなように生きて欲しいと今は心から思えます。

働かなくてもいい、学校に行かなくてもいい。

自分で生きることを選択したなら人を傷つける以外はなんでも。

 

そろそろお昼の放送です。

帰ってきたらなんて言うのか楽しみです。

小4スタート~始業式から一人で連続登校中~

小4になった娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校になりました。

その後2学期から冬休みに入るまでずっと母子登校していました。

順調かと思いきや3学期から2度目の不登校に。

教室には入れませんでしたが保健室登校などを経て卒業式まえから少しずつ一人で登校していました。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

小4の始業式の日は全校生徒の少ない小学校では入学式も全校生出席です。(卒業式も同じです)

 

彼女は前日からランドセルに持って行くものを準備し始めて、行く気満々という感じでした。

1つの理由に担任の先生がわかる日でもあります。

あの先生がいいとか、この先生かなとか春休み中にはそんな話をたくさんしました。

3年生の時の担任は2学期途中から病欠で代わりの先生は30代前半の若い男の先生でしたのでこのクラスにとっては慌ただしい1年だったのではないでしょうか。

案の定、元担任も講師の担任も3月でこの学校を離任され、各々ほかの小学校への配属となりました。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

しかしながら、二人の先生にお世話になったのは間違いありません。

元担任に関しては40代後半のベテランの男の先生で、夏休みの数週間前から先生と娘と私の3人で別室で1週間に1日だけ1時間の図工の授業をして頂きました。

少し変わった先生で、あまり自分から話しかけるとかはありませんでしたので娘が不登校になってからは私から先生に声かけさせていただき休んでいるときの様子などご報告させていただいおりました。

たまたま、息子の野球部の顧問だったこともあり平日の練習や休日の試合などで娘も一緒に連れて行っていたことで先生と娘の接触は不登校のわりに多くあったので私としては学校との連携もできていると思っておりました。

ちょっと話は飛んでしまったのでこの話はまた今度。

 

娘の始業式の話ですね。

この日は午後から息子の中学校の入学式の予定もあり、一人で留守番ができない娘はお昼から私の母に預ける予定でした。

おばあちゃんとランチに行く楽しみもあり、すんなり朝は登校しました。

帰宅後、○○先生だったよー!と嬉しそうにあれやこれと話してくれました。

その先生は前回も4年生の担任でしたし、いい感じの印象はありました。

ともあれ娘が面白い先生と言っていたので(笑)

その始業式から連続登校中です。

宿題も順調に終え、自分から準備もしています。

それでも油断はできません。

2度の不登校経験済みの我が家では学校に行っていることもイヤイヤ泣くことも1年間で毎日繰り返されたことです。

今日は金曜日、1週間頑張った娘がそろそろ帰ってくる時間です。

また、次回。

春休みの宿題にまた思う事

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから2度の不登校を繰り返し1年がたとうとしています。

3学期は結局、午後の2時くらいから保健室登校したり、教室にはほとんど顔を出さないけれど出席扱いして頂き卒業式2週間前くらいから連続登校しました。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

春休みは始業式数日前から宿題をやり始め前々日と前日は夜10時半くらいまでかかってなんとか終わらせることができました。

もう正直、答えを写すことも大半ありましたが彼女にとって空欄は許せないのでここは今大事ではないと判断してとにかく埋めること、丸つけも完璧に。

 

そういえば、私の子供のころとのギャップで驚いたことの1つで宿題は親がまるつけして100点にして提出という決まりです。

長男のときに初めて知りました。

想い出すと長男も今の娘と同じころ夏休みの宿題を始業式前日の夜遅くまでやっていました。そのころの息子は泣き虫で私やお父さんに叱られながら書いていた記憶が鮮明にあります。

あのころの反省は問題につまずく息子を罵倒しながらやっていたことです。

後悔ですよね。今となればそんなやり方がいいとは絶対にいえません。

 

息子は今でも言います。パパが「それくらいもわからないのか」と何度も言われ傷ついたことを。本当に面目ないです。

あの頃の私はとにかく勉強ができる子になって欲しいと願っていました。

本当に自分で自分がイヤになります。

息子を一人の人間として扱っていなかったこと。自分の所有物のように希望だけを一方的に背負わせていたこと。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 私の気持ちはどうでもいいのですよ。

 

子供は子供、私は私。

 

題名が衝撃です。

 

子供が自分で必要としているなら取り組む力が湧いてくると信じています。

今回の宿題は、学校に行く気があるだろう娘にとっての第一関門でした。

 

 

 

3学期の不登校

小3の娘は2017年5月のゴールデンウィーク明けから不登校

2学期から母子登校し3学期から再び不登校に。

卒業式前からちょっとずつ登校していました。

今回は母子登校はしていなく6年生の兄と一緒です。

 

その兄も先日無事卒業式を終え数日は一人で登校!

ここまで書くと案外簡単に行ってるのかもって思われていてもおかしくありませんが、前日遅くまで宿題をして当然朝は泣いて行きたくないと言っています。

以前にも書きましたがこの登校渋りは長く続くとスクールカウンセラーに言われていましたので慌てることなく対応していました。

「早くして」とか「急いで」の言葉は禁句です!

この言葉を私は発したとたん娘の機嫌はどん底に落ちてしまい、行く気が失せてしまうからです。

周りから見ると腫れ物に触るかのように接しているように感じられるかもしれません。

確かにそう見えるかもしれませんが私としては何も声かけしないようにして自分で考え行動してもらうように導いているつもりなのです。

 

間違っていると言われるかもしれせんが前にも述べたように不登校が治る薬も方法もないのです。

そのために過干渉をしないように私自身がいろんな方法を試しているわけです。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 今までいろんな方法を試してきました。

散歩したりハムスターを飼ったり。

 

どれもこれも解決策にはなりませんでした。

もちろんこれはうちの娘にとっては癒しとなったのは確実です。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

学校のクラスメイトの男の子に「ズル休み」だと言われるそうです。

結構最近話してくれる内容がドキっとします。

これってイジメなの?

そんなもやもやをグッとこらえています。

言ってくる子は2.3人でいつも同じ子だそうです。

私は「そうか、嫌だね」くらいしか答えないように気を付けているのですが、

頭の中は「コノヤロー!」って言いたいくらいですよ(笑)

 

もし娘に先生に言って欲しいとか言われたらそうするつもりですが、いまのところ愚痴だけで済んでいますがハッキリ言って私もいじめの境目がわかりません。

何でもかんでも先走って子供とのやり取りに入るつもりもないのですが、

正直この決断ってかなり難しい!

子供の自殺がニュースで流れるたびに胸に突き刺さるこの気持ちが....

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 もうすぐ4年生になります。

どうなることでしょう。

不安でいっぱいですが私が心配することではないんですよね。

娘のことなんですよ。

娘が自分で進んでいけますように。

 

ではまた。