小4の娘の不登校奮闘記録~小3から突然の不登校~

突然、不登校になり1年がたちました。毎日笑って暮らすことがモットー。楽しければなんでもいいと思えます。

週休3日

先週月曜日の欠席に続き昨日の月曜日もお休みしました。

小3のゴールデンウィーク明けから不登校をして以来、復帰、不登校を繰り返しています。

先週もそうでしたが今のところ月曜日に休んで火曜日は自分から進んで準備や宿題をして登校しているので私としてはそんなに気にしていません。

大人だって月曜日は辛いものだし、私だって何度となく学校や会社をズル休みした経験はありますから理解できます。

ただ、不登校を経験したことのない親御さんやお子様から見ると学校を休むなんて信じられないとか、社会に出たら通用しないとか考える方もたくさんいることでしょう。

 

でも、昔と違って今は親の都合で学校欠席も珍しくないようです。

例えば、平日にディズニーランドに行くので欠席するご家庭もあるわけです。

普段はなかなか休みが子供と一緒に過ごせない家族にとってみればこれも大事な子育ての一貫ですから、不登校の子供が休んだり、不登校予備軍の子供が心の疲れを癒すのに休んだり、不登校には関係ないけれども今日は学校に行きたくないから休むことがあってもいいと思います。

もちろんこれは私の考えなんで人それぞれの主張などもあるとは思います。

それでも、1日ずる休みしたら次の日も行けなくなるのは、学校のお友達の一言が怖くて行けなくなることもあります。

子どもたちは学校には行かなければいけないと刷り込まれています。

だから、休むと責めてくる子がいるのも当然ですよね。

たった1日休むことが許されない教育環境ってどうなんでしょうね。

私は、昨年の2学期を冬休みに入るまで毎日母子登校し午前中を教室の外で過ごしましたが、最初の驚きは子供たちが軍隊のようにきっちりした姿勢と態度で授業を受けている様子でした。

衝撃でした。

日本の教育って・・・・

 

子どもたちが学校から帰ってきて少しでも話しを聞いてあげたいと思い私は社員からパートになり、そのうちパートがリストラ対象になり仕事を辞めました。やめてから7年くらい経ちました。

これも私の両親が共働きで、不仲、父の借金で母は昼も夜も休みもなく働いていて放任されていたドラマの設定にありそうな家庭環境だったこともあり、寂しい思いを自分の子供にはさせたくないという強い思いからでした。

これが正解だったか今でもわかりません。

収入がなくなり何とかはなりますが貯金は減るばかりです。

それでも子供と一緒にいる時間は増え、子供のことを優先で生きています。

それがダメだと言われればそうかもしれませんが、全て同じ生き方をしなければいけない世の中は嫌です。

日本は普通が好きな国なので、普通に仕事して結婚して子供を産むのが正解のように教えられています。

なので、うまく言えませんが「人生は人それぞれ」

自分で選択した人生でありたいと。

 

 

話はずれましたが、

学校に行く、行かない選択ができる世の中になればいいなあ(笑)

それか週休3日になったら単純にストレスも減るだろうなあ。

無理そうな希望をいう抱く今日この頃です。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

 

不登校は突然に

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校を2度の不登校を繰り返して、現在夏休み明けはなんとか登校していました。

が、今週の月曜日は欠席しました(笑)

 

前日の兆候は特別なかったように思いますが私が気づかなかっただけでしょう。

月曜日のルーティンを忘れていた私はいつものように登校すると思っていました。

 

でも、朝に娘は「学校に行きたくない」とハッキリと言いました。

うんうん、行きたくないかーと私。

ここまでは休まないだろうなあと思っていましたが今回は本気でした。

 

娘は「先生が迎えに来るかもしれないしー( ノД`)シクシク…

  ママ、先生に迎えに来ないでって言って」

私は学校に行けとは言えませんし、休んでいいと思っていたので特に反対することもなく学校へ電話しました。

 

先生:昨日何かありました?

   

私:今回は特に何もなくて~月曜日なんでね~

 

先生:学校に来ちゃえば楽しそうなんですけどね~

 

私:それで明日は行くと言ってるんで今日は休ませてください。

 

先生:わかりました。明日待ってます。

 

細かい会話は省きましたがこんなやり取りをして電話をきりました。

ちょっとウソをついて娘は明日行くとは言ってなかったのですが(笑)

今の担任はとっても明るいベテランの女性教師です。

ハイテンションで盛り上げようとしているのも理解できます。

今にも迎えに来そうな雰囲気だったので、とっさに明日は行くので勘弁してほしいとの想いでウソをついたのでした。

 

それでも、ホッとした娘と二人で「あさイチ」の不登校特集を見ながら1年前の不登校の始まりの思い出話をしたりしてだらだらと一日をすごしたわけです。

 

夏休みが終わるこの数週間はNHKでも不登校や自殺などの特集がたくさん放送されていて出来る限りは録画して見てはいましたがこれだけ不登校が増えてきても周りの偏見はなくならないですよね。

事実、ベテランの担任の先生でさえ「学校は来るもの」「来てしまえば楽しく過ごしている」

「頑張ろう!」「大丈夫!」などその場限りの言葉で解決しようとしてるのを見ると。日本の不登校問題は家庭だけではなく学校に関わる人たちの勉強不足としか言えないのではないかな。

前から切実に思うのは不登校は経験した人にしか理解できないのではないかということ。

もしくはその親ですね。

いまだに学校に行かないと将来はないと本気で思っている人たちが想像以上に多い現実。いくらテレビに放送されても他人事。

これは私もそうでしたから「大変だな~」って。

自分の子供がこの不登校になるなんて1ミリも考えてもいなかったし、学校に行かないと就職できない、勉強についていけないって心の底から信じていたから実際に娘が不登校になったときは地獄に落ちた感じでした。

頭の中は恥ずかしい、高校に行けない、就職できない、社会性ができない、変り者に見られる、親の子育てが間違ったいると思われるなどなど。

全部、子供ことじゃなく自分が周りから変なひと扱いにされるっていう。

自己中心的な最悪な親の見栄でしかありませんでした。

 

自分の子供が1番辛いのに自分のことしか考えていない私。

この考えが覆されるのに1年かかりました。

 

でも大丈夫です。

誰でも最初は通る道ですから(笑)

まだまだ道は長く険しいですがなんとかなります。

だから、あんまり深く考えずにいきましょう。

これも人生の勉強です。

経験は1つでも多いほうが幸せになれるから(笑)

 

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

夏休みの出来事②

現在小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校を経験。

母子登校、2度目の不登校を経て4月からは一人で連続登校中。

1学期の後半は数回の休みと担任の先生のお迎えなどがあり、2学期も毎日の腹痛に悩ませれながらなんとか登校中です。

 

今日も私の起こす時間が遅いとの理由で泣き出し怒り出し、そして学校に行かないと言い出しながら自分から「やっぱり行く」との決断をし笑顔で玄関を出て行きました。

毎朝泣く、怒る、暴れるが娘のルーティンとして理解するように心がけていますが所々で私の怒りが爆発して怒鳴ってもいます。そんな毎日を過ごしている最中です(笑)

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 夏休みの初日から宿題に取り掛かる娘。

やる気の理由が答えを写しているからです(笑)

 

これ、3年生の冬休みからやり出した方法なんですが、もちろん素晴らしいことではありませんよ。

家の娘には今のところ最適な1つと言えます。

まず、不登校の子供って勉強をするっていう考えがほとんどないのでは...と思っております。

親は学校に行かないなら「せめて、家で勉強して!」って言います。

私も最初の不登校のときは問題集を買い与えたりして少しでも鉛筆を持たせよう持たせようと意気込んでいたと思います。

だって、勉強に遅れをとったら益々学校に行かないじゃん!という考えでした。

それをしちゃうとプレッシャーや親の焦りだけが見えて、自分を否定されたと子どもには伝わるようで逆効果だと知ったからです。

 あの頃は一切勉強も宿題もやっておりませんでした。

算数が苦手だった娘は4先生になり算数が得意になり通信表の評価も1つ上がりました。

 

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablogの

娘の集中力って半端なくて笑えます。

だってね、普通にやってると10分、長くて30分が集中力の限界の娘が、答えを書き写すだけの行為に1時間2時間と続くんです。もちろん、途中の休憩あり。

すごくないですか?

それで4日くらいで終えてようです。

この達成感がこの子には必要だと私は思っています。

もちろん、他にも一人勉強や工作などは答えがないので地道に終わらせ、焦ることなく夏休み終了となりました。

 

あとは友達とプールに行ったり、公園で遊んだりでしたね。

ダラダラーと。

 

勉強ができるから幸せになる保証はありません。

自分で決めたことならお金がなくても生きていけます、そして幸せと感じます。

自分の子供には自分で決めた人生を歩かせた。

今だから本気で願っています。

 

 

2学期が始まりました

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校を何度か経験して現在はなんとか連続登校中です。

 

先週、始業式がありまして何とか登校でき、昨日もなんとか登校していきました。

まず、始業式1週間前あたりから腹痛を訴えていて、特にお腹を壊していることもなかったのですが、食事など食べ過ぎたのかなあな感じの腹痛でして。

やはり、今日も学校に行きたくないと言いお腹が痛いと言い、それでも「行ってくる」と言いながら家を出ていきました。

寝る前も同じですね。

私としては聞いてあげることくらい、あとは「行かなくてもいいよ」くらいしか言えません。

多めの言葉を言いすぎる私はぐっとこらえている状況です。

 

娘が学校に行くのは悪いことではないけれど、辛そうにしている娘を見るのがとても悲しくなります。

そんなに行きたくない学校に行っても大丈夫なのか?とか。

 

でも、行かないで家にいることも娘にとってはストレスでもあるんです。矛盾しているかのようですが、学校には行かなければいけないんだといい観念が邪魔をするのだと思います。

私もそうでしたし、担任の先生も学校には行かなければいけないと娘に言っていますしね。

これは、個々の考えであって法を犯しているわけでもないので本当は学校に行く行かないの選択は自由なはず。

でも、そのことを訴えるつもりなんて全然なくて、うまく言えないけれども簡単に言うと十人十色の世界で自分の居場所を探して好きに生きていってほしいだけです。

 

話しを戻しますが、昨日の帰宅後は学校での嫌な出来事や自分の不満などをいつものようにしゃべりサッパリしていました。

友達関係も少し偏りがあり、娘の1番の友達は現在不登校で、遊ぶ友達はいないわけです。といってもこのクラス女子が娘を含めて4人しかおらず、他3人は家族ぐるみで仲良しの女子のため基本は3人仲良しなんです。

小さい学校ですので各学年1クラスしかありませんし、少子化の現在としてはよくある現実ですね。

それでも、担任の先生と仲良くしていると言ってますから特に気にしてはいませんが、寂しいと嘆いていますね。

今日は校外学習のためにご機嫌よく登校しましたが、昨晩が寝れず、何度か泣きながら起きては吐いていました。これって自家中毒っぽいかもと思ったりしています。

不登校になってから何度も夜中に起きて泣きながら吐くことを繰り返していました。

寝ぼけていますので本人は覚えてないのですが。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

 今日はどんなことを話してくれるのか楽しみです。

ほとんど嫌な出来事ですが、昨日は上級生が優しく教えてくれたことや、夏休みの宿題を先生にみんなの前で褒められたことなど嬉しそうに話してくれました。

自分の思いを口に出してくれるって親としてとっても幸せです。

 

では、また。

 

 

 

夏休みの出来事①

久しぶりの投稿です。

小3のゴールデンウィーク明けから幾度かの不登校を経験しました。

そして1年後の現在小4の娘の夏休みが終わりました。

 

1学期前半は一人で連続登校を続け、後半はチラホラと休み、先生が何度も迎えにきてくれたりと一筋縄ではいかない不登校を経験している最中です(笑)

 

1年前に比べたら私の心の不安定さは薄れ、時間が慣れへと導いてくれているようです。

今年の夏休みもなかなかの辛さはありましたね。

夏休みの出来事をチョコチョコ思い出しながら書いていこうかと。

 

とりあえず、今の気持ちはサッパリしています。

娘は一人で留守番もできないので、ずっと一緒に過ごしていましたから。

人間ってどんなに好きな人とでも24時間一緒にいると息が詰まるんです。

どんなに可愛い自分の子供でも赤ちゃんの時のように大変なんです。

私の姿の見えるところにずっといるんです。

夏休み初めは子供といれる嬉しさで大丈夫なんですが、後半はちょっとキツかった・・・

 

普段の私は自宅でミシンに向かって仕事をしているので2階にある作業場にいることがほとんどですが夏休みはなかなか2階に行くことが自由に出来ないのです。

なんでもそうですが在宅ワークって子供がいる休み中はなかなか進みませんよね。

それでも何とか2階で仕事をしても近くにいる娘はミシンで何か作りたがったり、もう1階へ行こうと言い出したり邪魔をされ集中できないことにイライラの連続です。

 

それでも、しょうがないと言われれば何も言えませんが、そんな愚痴も吐き出させて頂きたいかなと。

ですから不登校中も本当に心休まることができないんですよね。

今、不登校のお子さまがいる親御さんは本当に疲れきっていますよね。

2学期が始まるこの時期から学校に行きたくないと言い始める子供さんもいるでしょう。

人生何が起きるかわかりませんし、生き方、考え方も当たり前ですが人それぞれだから正しいことは無いと言っても過言ではないと私は思っています。

このブログを読んで、もし今お子様のことで悩んでいる方が少しでも気持ちが楽になってもらえたらいいかなって。

実際、私は他の人のブログとかいっぱい検索して読みあさり、同じ環境の方を探してはひと時の安心を得ていました。

その繰り返しで今があります。

不登校を繰り返しているので格好いいことは言えませんが私には出来事を書くだけですができることをやろうと思っています。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

最近、この以前のブログを読んで不登校は怖くないなんて心から思っていない自分に気づきました。

ただの強がりとか経験者としてのカッコいい言葉を使っただけなのかな、たった一年の不登校でわかることは子供のことは子供自身で考え決断するのだということだけで親に出来ることは見守るだけ。

これだけですね。

夏休み前の行き渋りで自分の力のなさと頑張り過ぎに疲れたので私自身の基本の性格は変わらないのだから好きに生きようと思いました。

それから、これを言ったらダメだとか深く考えないようにして、とにかく言いすぎる自分を少し自覚することをしようと(笑)

大人である私は年齢だけは子供の何倍も生きているけれど自分にはなんにもないんだと、学校に行きたくないと悩んでいる子供と同じ立場だと気づいたこと。

 

自由にしよう。

そろそろスクールカウンセリングを久しぶりにお願いしようかなと。

特に何かあるわけじゃないけれど、カウンセラーにまた会いたくなりました(笑)

私のカウンセリングですけどね。

また。

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

不登校~泣き声がイライラさせる~

小4の娘は小3のゴールデンウィーク明けから不登校、2学期には母子登校、3学期には2度目の不登校、4月からは一人で連続登校中でしたが最近は不安定な状態です。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 今朝も5時半から泣く娘に私の心の中はイライラでした。自分ではだいぶ抑えてたつもりでしたが我慢が足りなく爆発してしまいました。

甘ったれているんだと!叫びビンタをしてしまいました。

自己嫌悪で押しつぶられそうな気持でした。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

学校に行きたくない理由は以前から何度もある日直です。

これを超えられない娘に私は精神論をぶつけてしまったのです。

いつまでたっても日直に振り回されているのを見て余計なことを言ってしまう。

 

それでも、私に怒られた娘はケロッとして学校に行ったのです。

私は何をしているのか~

ただ、娘は自分の気持ちを吐き出したかっただけなんでしょう。行くつもりではいたけれど私にだだをこねて甘えたかったのだと思いました。

 

こんなこと、今まで幾度もありました。

そのたびに優しく抱きしめていて何があっても娘の気持ちを優先してきたのに最近の私は情緒不安定気味でした。

気楽に考えようかなって思っていたのに。

何を迷っているのか本当に自分で自分がわかりません。

 

自分の感情のコントロールについて勉強してみようかな。

今朝の出来事を中一の息子が見ていたので、学校に行く前に謝りました。

息子に悪いことをしたなと。朝から私の怒りが爆発し娘への暴言を見せてしまい。毒親ってこのことですよね。

娘のことばかりに気を取られ、息子のことを考えていなかったことも大反省。

早く立ち直らなければ。

 

不登校~気楽に考えようかな①

小4の娘は小3から2度の不登校を経験し、4月からは一人で連続登校中でした。

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 

 

happyfutoukou.hatenablog.com

 先生のお迎えが終わり、その翌日はなんとか一人で登校しましたが、またその翌日は「行きたくない」の訴えでした。

夜、寝るときから機嫌が悪く、私に当たり散らしてずっと泣いていました。

私もここ数日、胃が病んで体調が悪いこともあり、娘の怒りに乗って口喧嘩をしてしまったので益々泣き続けたあげく朝には目の腫れがイヤだと学校に行くことを拒否していたのです。

行く準備はしていたし、なんとか行けるかと思いましたがダメでした~

 

すぐさま学校に電話をして、担任の先生に伝えました。

その時は、「来れたら来てくださいね」と言われただけでしたがその数分後、先生が再びお迎えにきてくださいました。

玄関に出た娘は先生の顔を見るとまた泣き始めてしまいましたが、あっという間に娘を車に乗せて学校へ連れて行ってくれました。

 

助かりました。

でも不安はあるんです。

今は先生のおかげで一時的に学校に行けてるけれども先のことを考えると...

将来のことを考えても意味無いんですよね、わかってはいますが考えてしまう自分がいます。

あまり娘のことで心配しないように努力しようと思います。

決意というと格好よすぎですが、私はあまりにも過保護な部分もありますから(笑)

 

少し娘の不登校を深く考えすぎてたかな、って。

娘の不登校は1年とちょっとですが、まだまだ時間はかかるし、先のことはわからないので少しほっといた方がいいかも。

自分の体調を崩すと家の事や家族関係にもよくないですから、もっと気楽に考えようかなと。

そんなことを考えている今日この頃です。